YAMABIKO

YAMABIKO

登山初心者による登山情報ブログ。主に関東近郊の登山情報をお届けします。

【ミレー】小型のザックを買ったお話【パルス22】

山に登る予定もないのに、装備は大体揃ったはずなのに、アウトドアショップには行ってしまう…。めぼしいモノを見つけては夏山への夢を膨らませる…。山ギアの魅力は凄まじいと感じる今日この頃。

今回はシーズンに向けて小型のザックを導入しようということで、購入までの経緯とザックのレビューをしたいと思います。

f:id:buccalcone8296:20190304225746j:image

 

 

 

 

1.小さめザックの必要性

僕はザックを1つしか持っていません。オスプレイケストレル38。夏であろうと冬であろうと、そして日帰りだろうと山小屋泊だろうと、常にこいつを背負って登っています。コスパや機能性も高く、お気に入りのザックです。

特に不満もなく使っていたんですか、ある日気づいたんです。日帰りで38Lは大きすぎないか?と。

特に夏山だと荷物が少ないので中身はスッカスカ。パッキングの下手さも相まってバランスも悪い。試しにアタックザックを日帰りで運用してみるも、腰ベルトがないしペラペラすぎてダメ・・・!

 

・・・新しいザック買うか。20〜25Lくらいの。

 

 

2.候補

小型のバックパックなんて星の数ほどあります。こういう時はまず見た目でいくつかピックアップしてしまいます。使いやすさとか自分にフィットするかは勿論だけど、ギアにおける見た目って結構重要だと思うんですよね。モチベーション上がるじゃないですか。

 

  ◆ THULE Capstone 22

THULE(スーリー)といえば自動車用のキャリアなどでお馴染みのブランド。日本のアウトドア界隈ではまだそこまで知られていないブランドではありますが、丁寧な作りとデザイン性で高い評価を得ています。このCapstone(キャップストーン)も基本的な機能を備えながらも、大変シンプルかつ洗練されたフォルムでかっこいい。

 

  ◆ Osprey Talon 22

慣れ親しんだ、Osplay(オスプレー)の軽量バックパック。お馴染みの洗濯板みたいなパネルとストック脇差スタイル“ストウオンゴー”。フィット感もなかなかよく、ケストレル38の弟分的な立ち位置での使用もいいかもしれない。

 

その他にもいくつも候補がありました。

 

 

3.MILLET Pulse 22

悩みに悩んだ結果、タイトルにもある通り、MILLET(ミレー)のザックをお買い上げ。

[ミレー]リュック PULSE 22 BLACK - NOIR

[ミレー]リュック PULSE 22 BLACK - NOIR

 

・素材:ナイロンとポリエステル

・容量:22L

・重量:585g(めちゃめちゃ軽くない?)

・上部の方が広くなっている特徴的なフォルム

 

f:id:buccalcone8296:20190310172724j:image

やっぱりいザックはカッコいい。スリムなシルエットが刺さりましたね。

見た目のことばっかりでジャケ買いじゃないかと思われそうですが、そんなことはないですよ!

 

f:id:buccalcone8296:20190310173034j:image

メインザック、ケストレル38と比較。

並べてみると一回り小さいですね。

 

f:id:buccalcone8296:20190310173617j:image

メインの収納スペースは上部についたファスナーで開閉できます。

見ての通り、ベローンと結構下の方まで開いてくれるので、収納はしやすい。

 

f:id:buccalcone8296:20190310173850j:image

サブのポケットは残念ながら小さい。貴重品と行動食を入れるくらいのサイズです。

 

f:id:buccalcone8296:20190310174145j:image

腰ベルトのポケットは右側だけ。5.8インチのスマートフォンが入る大きさ。

 

f:id:buccalcone8296:20190312124524j:image

もちろん両サイドにはボトル用のサイドポケットがあります。伸縮性がよく、広口で太めのボトルも入りました。

 

 

4.パッキングしてみる

f:id:buccalcone8296:20190310175302j:image

・水1.5リットル

・食料(行動食含む)

・レインウェア上下

・ヘッドライト、手袋などの小物

・貴重品

・フリース(他のものに代替可)

写真には写ってませんが、カメラとトレッキングポールも持っていきます。

並べていて入るのか不安になりましたが、大体こんな感じでしょう。

 

f:id:buccalcone8296:20190310180046j:image

収納完了。上記の荷物を入れてもまだ少し余裕がありました。22Lといっても意外と入るもんですね。前面のコード部分は何に使うかと言いますと、マットだったり濡れたモノだったりを括り付けることができます。荷物が少ない時は絞ることによってコンプレッションをかけ、安定性が向上させる、という役割があります。

ちなみにトレッキングポールの収納は公式の方法です。イカす。

 

 

5.実際に山で使ってみた感想

冬の浅間隠山で実際に背負ってきました。夏山想定で導入してますが、3時間にも満たない行程であれば、荷物も少なくて済みます。

f:id:buccalcone8296:20190311001255j:image

背負ってみるとこんな感じ。(見にくいですね)

感想としてはまず、スペック通り非常に軽いです。そして次に高い通気性。この日は気温が高かったため樹林帯歩きは暑かったのですが、それでもムレなど不快感を感じることはありませんでした。

 

f:id:buccalcone8296:20190312124718j:image

一度使用しただけではありますが、特に欠点は見当たりませんでした。22Lといっても案外収納できるもので、軽い登山くらいなら十分な容量だと思います。

あえて不安な点をあげるとすれば、耐久性でしょうか。これだけの軽さですから、堅牢さより軽快さを重視する、どちらかというとファストパッキング向きの性能だと言えると思います。

これからのシーズン、大いに活躍してくれるでしょう!

【関東】浅間隠山 2019年3月9日

2019年3月9日(土) 晴れ

 

 

元旦の初日の出登山から2ヶ月。そろそろ山に登りたい、でも久しぶりだしサクッと行ってきたい・・・。

ということで、今回は近場の浅間隠山に登ってきました。コースタイムは往復で3時間弱ということで、ウォーミングアップにはちょうど良さそうです。

 

f:id:buccalcone8296:20190312164455j:image

 

群馬県東吾妻町長野原町に位置する浅間隠山は標高1,757m日本二百名山の一つにも選ばれています。二度上峠から登る最短コースなら1時間半程度で山頂に達することができるため、年配者や子供連れにもおすすめとされています。

 

登山口1,353m 山頂1,757m【標高差】404m

 

〜僕らのコースタイム2時間25分(休憩抜き)〜
二度上峠登山口(9:30)→北軽井沢分岐(10:10)→浅間隠山(11:00)
浅間隠山(12:15)→北軽井沢分岐(12:45)→二度上峠登山口(13:10)

 

登山口は県道54号線の二度上峠にあります。駐車場が整備されており、5,6台は駐車できそうでした。この日は自分の他に3台ほど停まっておりました。

また、駐車場にはトイレが設置されているとの情報がありましたが、この日はありませんでした。どうやら日によるようです。登山道にも設置されていませんので、済ませておきましょう。

 

そうそう、登山口までの道のりですがこの季節は路面状況に十分注意してください。標高がそこそこあり、日当たりが悪いため、凍結しやすいとのことです。中之条土木事務所が路面状況を毎日更新しており、ライブカメラも設置しているのでお出かけの際にはぜひ確認してみてください。

 

f:id:buccalcone8296:20190319225024j:image

平日に家を出るのと同じ、ゆったり8時出発。登山口に到着したのが9時30分でした。

看板には(川浦富士)の表記。遠くから見た時に、その整った山容からそう呼ばれているようです。

 

f:id:buccalcone8296:20190319230227j:image

登山道は凍った道の上に雪が積もった状態です。3日前に雪が降ったので積雪は20cmくらいでしょうか。全行程、チェーンスパイクや軽アイゼンを装着して登りました。いい感じにスノーハイクが楽しめそう。

 

f:id:buccalcone8296:20190319230654j:image

10時10分、北軽沢方面との分岐に到着。

ここまで急な登りはほとんどありません。先行者に感謝しながらサクサク登っていきます。

 

f:id:buccalcone8296:20190319231003j:image

行程の中盤。ジグザグルートと急坂ルートの分岐が出現しました。

強者ラインと聞いて引くわけにはいかねえ!!ということで迷わず急坂ルートを選択。

ちなみに序盤に比べて登りが続くので、まぁまぁしんどかったです(笑)

 

f:id:buccalcone8296:20190319231723j:image

11時、浅間隠山山頂に到着!評判通り展望よし!

こんなに手軽に360度の大パノラマが望めるとは。特筆すべきは浅間山の眺めの良さ。まさに浅間山を眺めるための展望台かのようでした。

 

f:id:buccalcone8296:20190319232338j:image

山肌までくっきり見えます。今日あたりたくさんの人が登ってるんじゃないでしょうか。

 

f:id:buccalcone8296:20190321000345j:image

山頂はそこそこの広さがあります。ほとんど貸し切り状態でした。ここで昼食タイムとします。

 

f:id:buccalcone8296:20190321000533j:image

いつもは菓子パンやおにぎりで済ませるのですが、今日はパスタを茹でるぞい。

 

f:id:buccalcone8296:20190321000603j:image

色々工程はありますが、完成したのがこちら。カルボナーラです。美味。

 

f:id:buccalcone8296:20190321000732j:image

それにしても眺めが良いです。群馬の山は大体見えるんじゃないでしょうか。写真は谷川岳方面。

 

f:id:buccalcone8296:20190321001121j:image

そして妙義山方向。ギザギザが特徴的。

 

f:id:buccalcone8296:20190321001359j:image

そろそろ下山するか〜と重い腰を上げたのが12時15分。結局1時間15分も山頂におりました。

苦労した急坂も下りはジグザグルートを使って難なく通過。途中から花粉症の症状に苦しめられましたが(笑)、1時間もかからずに下山完了です。

ゆっくり歩いても2時間程度で登頂でき、しかも頂上からは絶景が楽しめます。雪山の入門コースとしてもオススメできると思います。

 

帰りには倉渕町の「相間川温泉 ふれあい館」に寄りました。一般料金は510円、高崎市民なら310円と良心的お値段。茶褐色で少しとろみのあるような湯ざわりが特徴的でした。

住所:群馬県高崎市倉渕町水沼2930番

【関東】鍋割山(赤城山)2019年1月1日

2019年1月1日(火)元旦  雪/晴れ

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

さて、山に登ってはちまちま書いていた当ブログも設立から9ヶ月が経過しました。当初は個人的な山行記録として書いていましたが、どうせ書くなら他の人にも見てもらおうと方針転換し、ちょっぴり人の目を意識して書くようになりました。

読んでくれている方がいると信じて、2019年もひっそりと続けていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

f:id:buccalcone8296:20190113172603j:image

2019年の1発目は初日の出を拝みに「鍋割山」に登ってきました。鍋割山という名前の山はいくつもありますが、今回は群馬県にある赤城山南西部の山。短い距離と標高差で関東平野南アルプス、富士山を一望できます。ちなみに鍋割山の初日の出登山は今回で4回目です。

 

登山口1,020m  山頂1,332m【標高差】312m

〜僕らのコースタイム2時間15分(休憩抜き)〜

姫百合駐車場(5:00)→荒山高原(5:30)→鍋割山(6:15)

鍋割山(7:00)→荒山高原(7:40)→姫百合駐車場(8:00)

 

晦日はいつものように紅白を見て、ゆく年くる年で年越し、その後に幼馴染と近所の神社に行きました。もう10数年ずっと同じ過ごし方をしていますが、自分にとってはコレが至高だと思っています。

話は逸れましたが、初詣のあと3時間ほど睡眠。4時に家を出発しました。

 

f:id:buccalcone8296:20190113184301j:image

こちらは下山後の写真ですが、駐車場手前2,3kmは路面が凍結していました。路肩に刺さっている車もいましたので、チェーンや冬用タイヤは必須かと思われます。

 

4時50分、駐車場到着。気温は−5度で、雪が舞っておりました。

ヘッドライトをつけて5時に出発!今回は1時間ちょっとで到着するイージーな行程です。

 

f:id:buccalcone8296:20190113185036j:image

5時30分、荒山高原に到着。ここまでは暗ーい雪道だけなので写真はありません(笑)

年末の寒波の影響なのか、例年に比べて雪が多かったような気がします。チェーンスパイクを履いてきて正解でした。

 

f:id:buccalcone8296:20190113185900j:image

荒山高原から山頂までは、関東平野を眺めながらの稜線歩きです。

やっぱり年明けなので、起きている人も多いんですかね。夜景が綺麗でした。

 

f:id:buccalcone8296:20190113191323j:image

6時15分、鍋割山山頂に到着しました。

日の出が6時50分くらいなので極寒の中、30分ほど待機します。寒い・・・。

 

f:id:buccalcone8296:20190113192333j:image

山頂には人がたくさん。ざっと100人以上はいたんじゃないでしょうか。年々増えていっている気がします。確かにお手軽に登れて眺望も良いですからね〜。

 

f:id:buccalcone8296:20190113192916j:image

この日は富士山もくっきり。

 

f:id:buccalcone8296:20190113194209j:image

6時50分、御来光🌅

2019年の素晴らしいスタートを切ることができたと思います。

 

f:id:buccalcone8296:20190113195639j:image

筑波山と日の出。

 

f:id:buccalcone8296:20190113195126j:image

すると、どこからともなく「バンザーイ」の声がして山頂の人たち全員で万歳三唱。
鍋割山山頂では毎年恒例となっています。来年は音頭を取ってやろうかと思っています(笑)

 

f:id:buccalcone8296:20190113195944j:image

大きく見える浅間山。噴火警戒レベルも下がったので今年は前掛山にも登りたいです。

7時、下山開始。放射冷却によりめちゃくちゃ寒いので、日の出を拝んだらササっと退却します。

 

f:id:buccalcone8296:20190113201024j:image

お気に入りの一枚。

 

f:id:buccalcone8296:20190113202533j:image

荒山方面。せっかくの地元の山なので、赤城山周回登山もそのうちしてみたいと思います。

 

f:id:buccalcone8296:20190113202839j:image

稜線をいく同行者2名。今年も色々な山に登りましょう。

 

8時、姫百合駐車場到着。下りは1時間ほどで戻ってきました。

雪や凍結で滑りやすくなっている箇所を除けば特に危険箇所はありません。初日の出は毎年賑わってますので、道迷いの危険性もないでしょう。

手軽に登れて展望も良いので、群馬県で初日の出を見るにはオススメのスポットです。

 

f:id:buccalcone8296:20190113211132j:image

帰りは渋川市の「北橘温泉 ばんどうの湯」に寄って帰りました。

こちらも毎年必ず立ち寄る温泉。料金も300円と安いうえに泉質も良い感じです。

住所:群馬県渋川市北橘町下箱田605-5

 

 

f:id:buccalcone8296:20190113222321j:image

最後に今回持っていったもので非常に役立った商品を紹介しておきます。

mont-bellさんの「アルパインサーモボトル」です。冬山での使用を想定した高性能魔法瓶ではTHERMOSさんの「山専ボトル」が有名ですが、こちらも性能面では全くを引けを取っておりません。今回、山頂での日の出の待ち時間を予想して、こちらのボトルにコーヒーを淹れていったのですが、3時間後の山頂では熱々、6時間以上経過してもちょうど良い温度と、非常に高い保温力を発揮してくれました。真冬は勿論ですが、暑い時期でも冷えた飲み物を持っていけるので重宝するかと思います。

モンベル | オンラインショップ | アルパイン サーモボトル 0.9L

【関東】瑞牆山 2018年11月24日

2018年11月24日(土) 晴れ

 

 

登山雑誌や登山ブログで初心者向けのオススメの山としてしばしば取り上げられ、賞賛を受ける山。それが今回登った「瑞牆山」です。

奇岩を湛えたその山は標高が2,230mあり、奥秩父の西端に位置しています。そんな瑞牆山、「夏山装備で登れて、そこそこ標高がある山」ということで選出しましたが、オススメされることも納得の面白山でした!

 

f:id:buccalcone8296:20190102171915j:image

 

人気山ということで朝5時30分に出発。

中部横断自動車道を駆け抜けて2時間ちょっとで、登山口となる瑞牆山に到着しました。

 

f:id:buccalcone8296:20190102172337j:image

山荘前の駐車場はほぼ満車!やっぱり人気があるんですね。

なんとかスペースを見つけて駐車し、−3度の外気に凍えながらせかせかと準備をしました。

 

f:id:buccalcone8296:20190102172717j:image

7時55分、登山口から出発。最初は落ち葉で埋もれた登山道を歩きます。

瑞牆山頂まで2時間50分。標識にもある通り、金峰山の登山口でもあります。

 

f:id:buccalcone8296:20190102173303j:image

8時15分、目指す瑞牆山が見えてきました。

近いような遠いような・・・目標を定めて、ひとまず山頂直下まで移動します。

 

f:id:buccalcone8296:20190102173927j:image

8時30分、富士見平に到着。ここで小休止。

富士見平小屋では食事を提供しているようで、美味しそうなメニューに惹かれました。

 

f:id:buccalcone8296:20190102173619j:image

富士見平は金峰山との分岐になっているため、ここにテントを張って1泊2日で二山を踏破することができます。

金峰山には来年あたり、別の登山口から登ってみたいと思います。

 

f:id:buccalcone8296:20190102174546j:image

8時55分、桃太郎岩。ばっくり割れているのでとりあえず挟まれてみました。

ちなみに瑞牆山の巨岩たちは全て、写真のようにか細い木の枝で支えられています(笑)

 

f:id:buccalcone8296:20190102175234j:image

桃太郎岩の先の階段から瑞牆山の山体を登って行きます。

ここからは鎖やハシゴが設置された岩の登りがちょくちょく登場。天然のアスレチックみたいで面白いです。

 

f:id:buccalcone8296:20190102175614j:image

9時40分、瑞牆山のシンボル的存在、「大ヤスリ岩」に到着。

ツルツルに磨かれたような岩ですが、クライミング技術があればてっぺんまで行くことができるそうです。

ここから山頂までは30分弱、凍結している箇所もあったので気をつけて進みます。念のため、チェーンスパイクを持ってきましたが着用するほどではなかったです。避けて通れば大丈夫。

 

f:id:buccalcone8296:20190102191133j:image

10時5分、瑞牆山山頂に到着!

最高の天気で富士山がよく見える!

ここまでの行程ではほとんどなかった展望が一気にドーンとひらけました。

 

f:id:buccalcone8296:20190102191641j:image

山頂では多くの登山者が休んでおりました。八ヶ岳方面もよく見えます。来年は赤岳登るぞ!

 

f:id:buccalcone8296:20190102191908j:image

ちょっと足を投げ出してみる。やや高度感があるので高所恐怖症の人はダメかもしれないです。

 

f:id:buccalcone8296:20190102193838j:image

大ヤスリ岩と南アルプスの山々。関東近郊の山々が一挙に見渡せるこの山頂の眺望は一級品と言っていいでしょう。

 

f:id:buccalcone8296:20190102194245j:image

こちらはお隣の金峰山。山頂にちょこんと出ているのがおそらく「五丈岩」。

 

10時45分、下山開始。

昼食休憩がてら、山頂には40分くらいはいたかと思います。存分に楽しむことができました。

下りも同じ道を使って帰ります。駐車場についたのは12時15分頃でした。

 

下山したら恒例の温泉タイム。山梨県増富温泉に立ち寄りました。

こちらの温泉の特徴ですが、とにかくぬるい!(笑)その分ずーっと入ってられるんですけどね。温度ごとに湯船が分かれているんですが、一番熱いところ(それでも37,8度)に人が集まってました。地元のおじいちゃんと山梨県の良さをひとしきり話してました。

 

さて瑞牆山に登った感想ですが、一言で言うなれば「山の良さが凝縮された山」でした。

コースタイムは短めですが、急な登りもあるためそこそこ登った感を味わうことができます。登山道は森林とクサリやハシゴのある岩場などバリエーションがあり、そして待ち受ける頂上の大展望、とドラマチックな展開も魅力的です。

これから「オススメの山は?」と聞かれたら迷わず「瑞牆山!」と答えることでしょう(笑)

【関東】西沢渓谷 2018年10月20日

2018年10月20日(土) 晴れ/曇り

 

f:id:buccalcone8296:20190101210927j:image

2018年2回目の登山・スキー部の活動として、山梨県西沢渓谷に行ってきました。

晴れたり曇ったりの空模様でしたが、それでも楽しめるのが渓谷の良いところ。紅葉の具合はまだまだこれから、といったところでしたが、迫力満点の滝巡りと紅葉狩りを楽しむことができました。

 

会社から車を走らせること2時間。7時30分頃、市営駐車場に到着しました。駐車場は50〜60台停められるようですが、ほとんどが埋まっている状態。紅葉真っ盛りの時期は混雑するため、道の駅「みとみ」に駐車することをオススメします。

 

f:id:buccalcone8296:20190101211453j:image

7時45分、入り口ではキツネさんがお出迎え。一周約4時間弱のコースタイムで、渓谷道は原則一方通行となっています。

 

f:id:buccalcone8296:20190101211848j:image

8時15分、甲武信ヶ岳の登山ルートはいくつもありますが、そのうちの一つ「徳ちゃん新道」。まだ登ったことがないのでそのうち登りに行きたい。

 

f:id:buccalcone8296:20190101212413j:image

今は廃業となっている「西沢山荘」。

 

f:id:buccalcone8296:20190101212544j:image

ここから一番の見どころ「七ツ釜五段の滝」まで約80分。今日はきつい登りがあるわけでもなく、ほとんど平坦な道なので、みんなで談笑しつつゆっくり歩きます。

 

f:id:buccalcone8296:20190101212904j:image

キツネさんの教訓。今のところ登山で怪我をしたことはないですが、常に気をつけていたいですね。

 

f:id:buccalcone8296:20190101214540j:image

約20mの二俣吊り橋。思いのほか揺れます((((;゚Д゚)))))

 

f:id:buccalcone8296:20190101214915j:image

吊り橋から見えるこの山は「鶏冠山」というらしい。なかなかハードな山容をしている・・・。どうやら熟達者以外立ち入り禁止のバリエーションルートのようです。

 

 

f:id:buccalcone8296:20190101220455j:image

ほどなくして本日最初の滝らしい滝に到着。

写真におさめていないですが、西沢渓谷の主要な滝には足場と柵のビュースポットが設置されています。この滝も見どころのようで、たくさんの人が集まっていました。

 

ちなみにこの場所で某人気登山ブロガーさんと偶然お会いしまして、ご挨拶させていただきました。嬉しかったなあ。

 

f:id:buccalcone8296:20190101220641j:image

どの滝も水量が豊富で迫力があります。

 

f:id:buccalcone8296:20190101221044j:image

渓流沿いを歩けるのでとても楽しい。

この日もそうでしたが、雨が降ったあとは滑るので注意が必要です。

 

f:id:buccalcone8296:20190101222403j:image

人気スポットということもあって、登山道は非常によく整備されています。ですが、写真のような歩きにくい道や濡れてしまいそうな箇所もあるので、スニーカーや革靴は避けたほうがよいです。

 

f:id:buccalcone8296:20190101222844j:image

天然のウォータースライダー的な。

 

f:id:buccalcone8296:20190101222940j:image

水辺に超接近。めちゃくちゃ冷たいです。

 

f:id:buccalcone8296:20190101224757j:image

9時40分、本日のハイライト「七ツ釜五段の滝」に到着。

写真では伝わりにくいですが、実物はかなりのスケール感です。連なる滝壺のひとつひとつが巨大で迫力があります。是非そのサイズ感を見てほしい・・・。

 

f:id:buccalcone8296:20190101225433j:image

滝の上部はこんな感じ。

五段の滝を過ぎると急に登山っぽい登り。そこを過ぎると西沢渓谷の終点に到着。

小休止をとって下山開始です。

 

ここから先は渓谷沿いではなく、ほとんど傾斜のない林道歩きになります。

 

f:id:buccalcone8296:20190101230538j:image

この林道には「旧森林軌道」というトロッコ跡があり、昭和43年までこの一帯で木材搬出に利用されていたようです。(看板情報)

 

f:id:buccalcone8296:20190101231038j:image

4kmほど、歩きやすい林道を進むと西沢渓谷の入り口に戻ってきます。

駐車場に戻ってきたのが11時30分だったので大体コースタイム通りです。

今回はしんどい山歩きはやめて気楽にいこう!という主旨だったのですが、その通り要望に応えてくれた素晴らしい景勝地でした。

今回紅葉は始まりかけぐらいでしたが、次回は新緑の季節や最も色付いているタイミングで訪れたいと思いました。