YAMABIKO

YAMABIKO

登山初心者による登山情報ブログ。主に関東近郊の登山情報をお届けします。

【関東】 那須岳 2019年5月25日

2019年5月25日(土) 晴れ

 

 

噴煙を吹き上げる茶臼岳、赤茶色のワイルドな山容が特徴的な朝日岳。6年前に一度登った際に見たその景色は、非常に印象深く残っていました。

今一度その景色を見に行こうと、会社の有志を集って那須岳に登ってきました。

 

f:id:buccalcone8296:20190601000743j:image

 

栃木県那須郡那須町に位置する那須岳標高1,915m日本百名山のひとつに数えられています。

ちなみに那須岳というのは、深田久弥氏の定義によれば、「那須五岳の中枢を成す茶臼岳、朝日岳および三本槍岳」のことで、つまり総称なんですね。今回はそのうち、茶臼岳朝日岳に登ってきました。

 

登山口1,462m→茶臼岳山頂1,915m 

【標高差】453m 【距離】6.1km

 

〜僕らのコースタイム 3時間5分(休憩抜き)〜

峠の茶屋(7:55)→剣ヶ峰(8:50)→朝日岳(9:15)→剣ヶ峰(9:55)→茶臼岳(11:00)→ロープウェイ山頂駅(11:40)

 

会社に集合して北関東道那須へ。

7時20分頃にはロープウェイ前の駐車場に到着しました。なんとか駐車できましたが、次から次へと車が上がってきておりました。多分もうちょっと遅かったら、もっと下の駐車場に停めるハメになったかも・・・。人気の山ですので、早め到着をオススメします。

 

f:id:buccalcone8296:20190601005728j:image

ロープウェイ山麓駅でトイレを済ませて出発!

ロープウェイを使えば茶臼岳の9合目まで運んでくれます。

ちなみにこの日のロープウェイの始発は8時30分でした。我々は下りだけ使わせてもらいます。那須ロープウェイHP

 

f:id:buccalcone8296:20190601205022j:image

8時 那須岳登山口

雲ひとつない快晴。展望が望めそうで大変楽しみ。

 

f:id:buccalcone8296:20190601205826j:image

歩き始めて15分、もう視界が開けました。最近のなろう小説並みに展開が早い。

 

f:id:buccalcone8296:20190601210730j:image

下調べした通り、峰の茶屋手前には雪渓があります。でもほとんど溶けてますね。

アイゼンなどは必要ありません。

 

f:id:buccalcone8296:20190601211100j:image

8時35分 峰の茶屋到着です。ここは茶臼岳と朝日岳の中間地点となっています。

風の通り道となっているらしく、たびたび強風が吹くとのこと。この日も時間帯によっては帽子が飛ばされそうな風が吹いていました。

 

我々はまずは朝日岳の山頂を目指します。

 

f:id:buccalcone8296:20190601211907j:image

朝日岳への道のり。鎖場が多く、アスレチック感がある道を進んでいきます。

前に登った時も思ったんですけど、この景色を見るとビッグサンダーマウンテンを思い出すんですよね〜。

 

f:id:buccalcone8296:20190601212303j:image

9時10分 隠居倉&三本槍岳方面との分岐。

見晴らしの良い広場がありますので、ここで休憩もアリですね。

 

f:id:buccalcone8296:20190601212955j:image

9時15分、朝日岳山頂に到着〜

山頂のミニ鳥居が可愛らしい。その後ろにはドーンと茶臼岳の山体が広がっております。

 

景色を堪能したかったのですが、そそくさと退散。なにせ小虫が多い!!人が集まってるからでしょうか、茶臼岳も山頂だけは虫が多かった・・・。

 

f:id:buccalcone8296:20190601213526j:image

下山して次は茶臼岳を目指します。右は切れ落ちてますので、クサリを掴んで慎重に。

 

f:id:buccalcone8296:20190601214259j:image

荒々しい岩肌から茶臼岳に伸びる登山道。ここが茶臼岳が一番カッコよく見えるポイントだと思いました。

峰の茶屋に戻ったら軽食タイムです。

 

f:id:buccalcone8296:20190601215252j:image

振り返って朝日岳。こうして見るとなかなか急峻な山。

 

f:id:buccalcone8296:20190601215647j:image

ケルン積んであると撮りたくなるマンです。

草木の全くない、砂と岩の世界。この異星感が火山の醍醐味かもしれません。

 

f:id:buccalcone8296:20190601215756j:image

11時 2つ目のピーク、茶臼岳山頂に到着!(虫多い😂)

山頂は噴火口らしき窪みを囲うように広く、所々で漂う硫黄のニオイが活火山であることを認識させてくれます。

景色を楽しんだら下山開始。富士山みたいな景色の中を下っていきます(富士山登ったことない)。

 

f:id:buccalcone8296:20190601221129j:image

11時40分、ロープウェイ山頂駅に到着。お疲れ様でした。

ロープウェイは20分間隔で運行しています。950円で片道切符を購入して、駐車場まで運んでもらいます。

 

茶臼岳はロープウェイのお陰で1時間もかからず登れます。実際観光客の方も多くいらっしゃいました。しかし、茶臼岳からさらに足を伸ばせば素晴らしい景色が待ち受けています。ぜひその先も知ってほしい、そう思える魅力がある山でした。

 

 

さてさて、下山後の温泉は那須町にある「金ちゃん温泉」に行きました。那須と言えば「鹿の湯」ですが、シャンプーとか使いたいのでね〜。

こちらのお湯は、お肌つるつる系の温泉でした!施設はとても綺麗で、この日は人もいなかったのでとてもゆったり過ごすことができました。

看板もなく、場所が非常にわかりづらいですが、確かに存在します(笑)Google Mapを頼りに是非行ってみてください。

 

住所:那須郡那須町大字高久乙3370-3125

【上信越】 谷川岳 2019年5月4日

2019年5月4日(土) 晴れ

 

 

元号令和」。

令和初の食事、令和初の飲み会、令和初の通勤・・・。何かと○○初の〜と付けたがるのは日本人の性なのか、(わかりませんが…)本日令和初の登山谷川岳に登ってきました。

 

f:id:buccalcone8296:20190513203729j:image

 

群馬・新潟県境にある谷川岳標高1,977m。2,000mに満たない標高ながらもアルペン的な景色を味わえる名山です。

谷川岳に登るのはこれで5回目となりますが、残雪期は初。いつもとは全く違う景色が非常に楽しみです。

登山口1,319m→山頂(トマの耳)1,963m 【標高差】644m 【距離】5.8km

 

〜僕らのコースタイム 4時間10分〜
天神平ロープウェイ山頂駅(7:25)→熊穴沢避難小屋(8:30)→肩ノ小屋(10:05)→谷川岳山頂(10:15)→肩ノ小屋(10:35)
肩ノ小屋(11:15)→熊穴沢避難小屋(12:05)→天神平ロープウェイ山頂駅(12:50)

同行者と合流して水上方面へ。

6時30分頃に天神平ロープウェイの駐車場に到着しました。1日500円です。

ロープウェイの運行時間は日によって違うのでホームページでご確認ください。この日は7時からロープウェイが運行していました。

 

ロープウェイの乗り口手前で登山届け提出の声かけをしていました。このGWも各地で遭難事故が発生しています。登山届は間違いなく提出しましょう。

 

f:id:buccalcone8296:20190512155049j:image

7時25分、天神平ロープウェイ山頂駅

登山者とスノーボーダー、そして観光客が入り混じる不思議な光景。

我々は序盤の急登を避けるため、リフトを乗り継ぎました。

 

f:id:buccalcone8296:20190513205003j:image

リフトを降りたら改めて出発。まずは熊穴沢避難小屋を目指します。

僕が谷川岳に登る時は大体ガスってますが、本日は快晴!

 

f:id:buccalcone8296:20190513205234j:image

避難小屋まではこんな感じのトラバースがいくつかあります。

万が一、足を滑らせたら全力でピッケルをぶっ刺しましょう⛏

 

f:id:buccalcone8296:20190513205514j:image

8時30分、熊穴沢避難小屋到着。

まだそんなに歩いてないのにドチャクソあちぃ!

ここからは頂上までひたすら登りなので、10分ほど休憩。

 

f:id:buccalcone8296:20190513205659j:image

いつも渋滞する鎖場などは雪に埋もれているので、夏道より早いかもしれません。

写真は天狗のトマリ場手前。このあたりはもう雪がありませんでした。

 

f:id:buccalcone8296:20190513211411j:image

あとはここを登りきれば肩ノ小屋。近いような遠いような・・・。

背中ビチャビチャな男がビチャビチャな斜面を鬼の形相で登っていきます。

 

f:id:buccalcone8296:20190513215857j:image

10時5分、肩ノ小屋に到着。

同行者が「山頂は何度も行ってるからメシ食って待ってるわ」と言うので1人で山頂へ向かいます。

 

f:id:buccalcone8296:20190513220118j:image

なんだかいつもより存在感があるケルンを通り越して・・・

 

f:id:buccalcone8296:20190513220240j:image

10時15分、谷川岳山頂(トマの耳)に到着!

360度、素晴らしい景色。

5回目にして、谷川岳ってこんなに展望よかったんだなって(笑)

 

f:id:buccalcone8296:20190513221025j:image

ちなみにオキの耳には行っておりません。

ホイップクリームみたいな雪庇にビビって退散です。

 

f:id:buccalcone8296:20190513221529j:image

肩ノ小屋に戻って山並みを眺めながら昼食タイム。

万太郎山方面。いつかここを辿って平標山まで縦走してみたいものです。

 

f:id:buccalcone8296:20190513222526j:image

11時15分、下山開始。

小屋直下の急坂は慎重でしたが、その他はシリセードを交えつつ楽しく下山。

13時前にはロープウェイに到着しました。

 

残雪の谷川岳山行はゴキゲンな天気と相まって、夏とはひと味違った景色を楽しむことができました。

しかしそれと同時に危険性も肌で感じました。落ちたらアカンとこ。たまーに聞こえる小さい雪崩の音。危険はいくつもありますので、万全の体制で望みたいと思います。

 

さてさて、下山後の温泉ですが、今回は「鈴森の湯」です。大人1人750円。

露天風呂は若干ぬる目の湯温で、水の流れる音を聞きながらいつまでも入っていられます。

食事も美味しそうで、釣り堀もありました🐟温泉以外にも楽しめそうですし、施設も綺麗でオススメです。

 

住所:利根郡みなかみ町阿能川1009-2

【関東】 棒ノ折山 2019年4月28日

2019年4月28日(日) 晴れ

 

 

あ…ありのまま今 起こった事を話すぜ!

前回の両神山で花粉に苦しめられたあまり「もう俺この時期に山登るのやめるわ・・・」と宣言したと思ったらその翌週山に登っていた…何を言ってるかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった…

 

 

だって今年のGWは10連休ですよ、登らないわけがないのです。

本来だったら四国や近畿にでも行って登りたかった!それは叶わなかったけど、ずっとダラダラしてるのも勿体無いから前回に続いて近場の山をせめました。

 

f:id:buccalcone8296:20190504223311j:image

さて、今回登った棒ノ折山(棒ノ嶺)は奥武蔵にある標高969mの山です。知り合いから展望よりも登っていて楽しい山、と聞いていたので期待が膨らみます。

 

登山口250m→山頂969m 【標高差】719m 【距離】7.9km

〜僕らのコースタイム 3時間30分〜
さわらびの湯(8:15)→白谷沢(8:35)→棒ノ折山(10:25)
棒ノ折山(11:15)→さわらびの湯(12:40)

 

駐車場はムーミン谷で話題の飯能市にある「さわらびの湯」です。登山者用の駐車場も完備されており、150台程停められます。

GWということもあって駐車場はほぼ満車状態。そんなに人気の山なのか〜と思っていると、フィギュア越しの風景を巨砲のようなカメラで撮影するオジサンたちが。あぁ、聖地的な山でもあるのかと納得。

 

準備を済ませ、8時15分出発。最初は車道を歩いて有間ダムを目指します。

 

f:id:buccalcone8296:20190505150429j:image

こちらが有間ダム。は〜、もうこの時点で良い景色

 

f:id:buccalcone8296:20190505150710j:image

20分ほどで白谷沢登山口に到着。ここからは車道ではなく山道を歩いていきます。

沢沿いを歩くルートなのですぐに水の流れる音が聴こえてきました。

 

f:id:buccalcone8296:20190505151021j:image

序盤はこんな感じ。

沢登りというより沢歩きという感じでしょうか。足元は濡れて滑りやすくなっているので気をつけましょう。

 

f:id:buccalcone8296:20190505154352j:image

特徴的な地形、ゴルジュに到着。

ゴルジュとは、写真のような岩壁にはさまれた狭い谷のことを言います。

荘厳な雰囲気でなんだかカッコいい。狭間から涼しい風が通り抜けていきます。

 

f:id:buccalcone8296:20190505173010j:image

さながら新緑のトンネル。目にも優しい。

 

f:id:buccalcone8296:20190505173307j:image

鎖場が出現。ちょっとした渋滞になっておりました。

しっかり整備されているので、慎重に登れば問題なし!

 

沢を抜けると樹林帯&尾根歩き。本当にバリエーション豊かなルートです。

 

f:id:buccalcone8296:20190505173759j:image

岩茸石(いわたけいし)に到着。みんな「あ、なんとか石〜」って呼んでました。

裏から登ることができそうだったので登ってみました。登っても特に展望はありません(笑)

ここから先は若干傾斜がキツくなりますので、気合を入れ直して登ります。

 

f:id:buccalcone8296:20190505174419j:image

10時25分、棒ノ折山の山頂に到着!

 

最近、NHKの『にっぽん百名山』のガイドさん風に

「(めっちゃ笑顔で)はい、お疲れ様でした。○○山の山頂に到着です。」と言うのにハマっています。

 

f:id:buccalcone8296:20190505180230j:image

山頂には満開の桜🌸が咲いておりました。

まるで登頂を祝福するかのよう。

 

f:id:buccalcone8296:20190505180520j:image

1,000mに満たない山だけど、展望もなかなか良き!

写真にはありませんが、都心のビル群も眺めることができます。スカイツリーもよく見えました。

 

公園のように広々とした山頂で休憩していると、どんどん人が登ってきます。最終的には5,60人近くはいたんじゃないでしょうか。ファミリー登山も多かったです。

 

 

11時15分、下山開始。帰りは尾根伝いのルートで下山します。

岩茸石の裏側が分岐となっています。

 

f:id:buccalcone8296:20190505181240j:image

何度か舗装路を横断します。道の向かいに登山道が続いております。

 

f:id:buccalcone8296:20190505232558j:image

12時40分、下山完了です。写真はさわらびの湯近辺のキャンプ場。

棒ノ折山は評判通り、変化に富んだ楽しい山でした!新緑せせらぎの中、爽やかな山行だったと思います。

ちなみにさわらびの湯ですが、混雑が予想されたため今回は利用せずに帰りました。

誰にでもオススメできる山ですので、またいつか来ることでしょう。温泉は、その時にでも。

【関東】 両神山 2019年4月20日

2019年4月20日(土) 晴れ

 

桜の花も散り、暖かい風が吹き始めた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は以前から登りたかった日本百名山のひとつ、両神山の記録です。自宅から下道でも1時間半程度とアクセスしやすいにも関わらず、今まで登ってなかったんですよね〜

 

ということで一番メジャーだと思われる日向大谷(ひなたおおや)ルートで登ってきました。

 

f:id:buccalcone8296:20190507214040j:image

 

埼玉県の奥秩父にある両神山標高1,723m山岳信仰の霊峰であり、登山道にも鳥居や仏像が鎮座しています。ギザギザの山容が特徴的で、八丁峠ルートは鎖場や急な岩場など難所が点在しています。

 

登山口630m 山頂1,723m 【標高差】1,093m

 

〜僕らのコースタイム5時間20分〜

日向大谷登山口(7:20)→清滝小屋(9:00)→両神山(10:35)

両神山(11:20)→清滝小屋(12:15)→日向大谷登山口(13:35)

 

何気に標高差1,100m、距離11kmあります。ゆるゆるハイクしかしていない身体にはやや堪える行程です。

 

さて、登山口となる両神山荘付近には何箇所か駐車場があります。両神山荘に最も近い駐車場は有料で、駐車料金500円。そこから少し下ったところは無料です。今回はそちらに停めさせていただきました。トイレも設置されているので安心です。

 

ちなみに登山口までは、民家の間をすり抜けるせっまい道を通りますので運転には十分注意しましょう!

 

f:id:buccalcone8296:20190430091655j:image

登山届けは両神山荘横のポストに提出できますが、埼玉県はWEBでも提出できますので利用してみてください。登山ポストでモタモタしなくて済むので便利です。

 

今日は歩き出したら暑くなりそうだな〜ってことで、最初からインナー+半袖Tシャツスタイルでクライムオン!前年比体重13kg増加の僕は以前より耐寒性能が上がっております。

 

f:id:buccalcone8296:20190430092104j:image

登山口にあるカウンター。ひとり1回押しましょう。

下山した時には7,000くらいになっていたのでこの日は60人以上入山しています。

 

f:id:buccalcone8296:20190430092705j:image

両神山の登山道ですが、基本的に写真のような細道です。

一部崩れかけている箇所もありましたので滑らないように慎重に進みます。

 

f:id:buccalcone8296:20190502180054j:image

何度か沢を渡渉する箇所があります。

増水することもあるそうですが、この日は特に問題ありませんでした。

 

サクサク歩いているとハプニング発生。

樹林帯を折り返しながら登っている時、「パーン」と銃声のような音が聞こえました。

振り返ると、我々の後方50mくらいに落石が発生。5,60cmくらいの石がゴロゴロと転がり、音を立てて割れていきました。幸い人もいなかったので事故にはなりませんでしたが、そういう危険性もあるよなぁと再認識。気を引き締めて登りました。

 

f:id:buccalcone8296:20190502180302j:image

9時ちょうど、清滝小屋に到着です。

この小屋は現在営業はしていませんが、一部解放されていて避難小屋として利用できます。

ここで10名ほどのマダムハイカーとすれ違いました。聞くと両神山荘に前泊したとのこと。このゆったりペースだと下山するのはもう夕方だよなぁ、なんて心配しつつ山頂を目指します。

 

f:id:buccalcone8296:20190502201306j:image

ここからは鎖場やハシゴが多くなります。ぐいぐいと標高を上げます。

 

f:id:buccalcone8296:20190502201644j:image

スリッピーな道が登場。残雪や凍結の情報は常にウォッチしてましたが、陽当たりが悪いところはまだ凍っていますね。チェーンアイゼンは装着しませんでしたが、なるべく避けて慎重に進みます。

 

f:id:buccalcone8296:20190502202033j:image

両神神社を抜けてしばらく進むと最後の登りに。横目に富士山を見ながら鎖場を突破。

 

f:id:buccalcone8296:20190502202419j:image

10時35分、両神山の山頂に到着

結構長かったけど、山ギアについて語っていたらサクサク登れました(笑)

 

f:id:buccalcone8296:20190502202808j:image

頂上からはなかなかの展望!スッキリ晴れてるって感じではないけど、周囲の山並みを見渡せます。

山頂は混んでいたので、景色を満喫したら少し下ったところにあるベンチで昼食タイム。わかめラーメンが美味い。

 

さてさて下山ですが、写真がほとんどありません。

というのも、花粉(ヒノキかな?)により鼻の堤防が決壊、クシャミ&鼻水に苦しめられ、写真どころではありませんでした・・・。

早く風呂入って洗い流したい一心で歩みを進め、やっとの思いで登山口に帰還。下りに関してはとてもツラい山行となりました。

 

f:id:buccalcone8296:20190502225258j:image

両神山荘のわんちゃん。穏やかな陽気の下、気持ちよさそうに寝てました。

 

念願の温泉は「道の駅・両神温泉 薬師の湯」へ。一般ひとり600円なり。無色透明で一見温泉っぽくないですが、れっきとした温泉です。ジャグジーが疲れをとってくれました。

住所:秩父郡小鹿野町両神薄2380

【ミレー】小型のザックを買ったお話【パルス22】

山に登る予定もないのに、装備は大体揃ったはずなのに、アウトドアショップには行ってしまう…。めぼしいモノを見つけては夏山への夢を膨らませる…。山ギアの魅力は凄まじいと感じる今日この頃。

今回はシーズンに向けて小型のザックを導入しようということで、購入までの経緯とザックのレビューをしたいと思います。

f:id:buccalcone8296:20190304225746j:image

 

 

 

 

1.小さめザックの必要性

僕はザックを1つしか持っていません。オスプレイケストレル38。夏であろうと冬であろうと、そして日帰りだろうと山小屋泊だろうと、常にこいつを背負って登っています。コスパや機能性も高く、お気に入りのザックです。

特に不満もなく使っていたんですか、ある日気づいたんです。日帰りで38Lは大きすぎないか?と。

特に夏山だと荷物が少ないので中身はスッカスカ。パッキングの下手さも相まってバランスも悪い。試しにアタックザックを日帰りで運用してみるも、腰ベルトがないしペラペラすぎてダメ・・・!

 

・・・新しいザック買うか。20〜25Lくらいの。

 

 

2.候補

小型のバックパックなんて星の数ほどあります。こういう時はまず見た目でいくつかピックアップしてしまいます。使いやすさとか自分にフィットするかは勿論だけど、ギアにおける見た目って結構重要だと思うんですよね。モチベーション上がるじゃないですか。

 

  ◆ THULE Capstone 22

THULE(スーリー)といえば自動車用のキャリアなどでお馴染みのブランド。日本のアウトドア界隈ではまだそこまで知られていないブランドではありますが、丁寧な作りとデザイン性で高い評価を得ています。このCapstone(キャップストーン)も基本的な機能を備えながらも、大変シンプルかつ洗練されたフォルムでかっこいい。

 

  ◆ Osprey Talon 22

慣れ親しんだ、Osplay(オスプレー)の軽量バックパック。お馴染みの洗濯板みたいなパネルとストック脇差スタイル“ストウオンゴー”。フィット感もなかなかよく、ケストレル38の弟分的な立ち位置での使用もいいかもしれない。

 

その他にもいくつも候補がありました。

 

 

3.MILLET Pulse 22

悩みに悩んだ結果、タイトルにもある通り、MILLET(ミレー)のザックをお買い上げ。

[ミレー]リュック PULSE 22 BLACK - NOIR

[ミレー]リュック PULSE 22 BLACK - NOIR

 

・素材:ナイロンとポリエステル

・容量:22L

・重量:585g(めちゃめちゃ軽くない?)

・上部の方が広くなっている特徴的なフォルム

 

f:id:buccalcone8296:20190310172724j:image

やっぱりいザックはカッコいい。スリムなシルエットが刺さりましたね。

見た目のことばっかりでジャケ買いじゃないかと思われそうですが、そんなことはないですよ!

 

f:id:buccalcone8296:20190310173034j:image

メインザック、ケストレル38と比較。

並べてみると一回り小さいですね。

 

f:id:buccalcone8296:20190310173617j:image

メインの収納スペースは上部についたファスナーで開閉できます。

見ての通り、ベローンと結構下の方まで開いてくれるので、収納はしやすい。

 

f:id:buccalcone8296:20190310173850j:image

サブのポケットは残念ながら小さい。貴重品と行動食を入れるくらいのサイズです。

 

f:id:buccalcone8296:20190310174145j:image

腰ベルトのポケットは右側だけ。5.8インチのスマートフォンが入る大きさ。

 

f:id:buccalcone8296:20190312124524j:image

もちろん両サイドにはボトル用のサイドポケットがあります。伸縮性がよく、広口で太めのボトルも入りました。

 

 

4.パッキングしてみる

f:id:buccalcone8296:20190310175302j:image

・水1.5リットル

・食料(行動食含む)

・レインウェア上下

・ヘッドライト、手袋などの小物

・貴重品

・フリース(他のものに代替可)

写真には写ってませんが、カメラとトレッキングポールも持っていきます。

並べていて入るのか不安になりましたが、大体こんな感じでしょう。

 

f:id:buccalcone8296:20190310180046j:image

収納完了。上記の荷物を入れてもまだ少し余裕がありました。22Lといっても意外と入るもんですね。前面のコード部分は何に使うかと言いますと、マットだったり濡れたモノだったりを括り付けることができます。荷物が少ない時は絞ることによってコンプレッションをかけ、安定性が向上させる、という役割があります。

ちなみにトレッキングポールの収納は公式の方法です。イカす。

 

 

5.実際に山で使ってみた感想

冬の浅間隠山で実際に背負ってきました。夏山想定で導入してますが、3時間にも満たない行程であれば、荷物も少なくて済みます。

f:id:buccalcone8296:20190311001255j:image

背負ってみるとこんな感じ。(見にくいですね)

感想としてはまず、スペック通り非常に軽いです。そして次に高い通気性。この日は気温が高かったため樹林帯歩きは暑かったのですが、それでもムレなど不快感を感じることはありませんでした。

 

f:id:buccalcone8296:20190312124718j:image

一度使用しただけではありますが、特に欠点は見当たりませんでした。22Lといっても案外収納できるもので、軽い登山くらいなら十分な容量だと思います。

あえて不安な点をあげるとすれば、耐久性でしょうか。これだけの軽さですから、堅牢さより軽快さを重視する、どちらかというとファストパッキング向きの性能だと言えると思います。

これからのシーズン、大いに活躍してくれるでしょう!